• HD3 ワイヤレススピーカー

    最も多目的に使えるスピーカー、それがHD3ワイヤレススピーカーです。
    HD3は、Bluetooth接続が可能でアプリ、音楽ファイル、デバイスを選びません。
    究極のコンパクト・ミュージックシステムです。aptX HDをサポートしているので、Bluetoothでお使いのデバイスを簡単に接続した後は、高音質で音楽を楽しむことが出来ます。
    製品紹介ムービー

    BUY

ハイライト
・デスクトップやコンパクトなスペースだけでなく、部屋全体でも使えます。
・Bluetooth接続が可能でデバイスやアプリを選びません。
・aptX HDコーデックに対応。
・手作業で組み立てられた美しいウッドキャビネットとハイエンド・サウンド。
・簡単なセットアップで、レシーバーは必要ありません。
・ボタンを押す必要なく、いつでも準備万端です。
・便利なフロントパネルのボリュームコントロールとヘッドホンジャック

究極のコンパクト・ミュージックシステム
HD3は、今日の私達の音楽の楽しみ方に合わせた設計をしています。ワイヤレスでストリーミング、ダウンロード、レコードプレーヤーで楽しむなど。多目的用途に適していて、どんなデバイス上の曲でも簡単に高音質で楽しむことが出来ます。それゆえ、HD3はコンパクト・ミュージックシステムの新しいスタンダードと言ってもいいかもしれません。

どんな接続方法もOK
好きな方法でHD3と接続出来ます。ワイヤレスでもワイヤードでも、デジタルでもアナログでも問題ありません。ライブラリーにある音楽を再生するだけでなく、Apple Music, Spotify, TIDAL, YouTubeなどストリーミングも快適に行なえます。もしHD3をデスクトップで使うならば、USBケーブルで接続する方法もあります。USB入力であれば、パソコン内臓の低品質なヘッドホンジャックを通さないため、高音質で音楽を楽しむことが出来ます。もちろんUSB接続やワイヤレス接続にそれほど興味がなくても大丈夫です。従来のオーディオケーブルを使った接続も問題ありません。

頼れるミュージックシステム
簡単なセットアップ、シンプルで使いやすい機能、ハイエンド・サウンド、これらの特徴がHD3を信頼できる一つの理由です。もし、もっと強いベースサウンドが必要であれば、サブウーファーを接続することが出来ます。どんな音楽であろうとも、HD3なら問題ありません。

ヘッドホン接続
HD3にはハイパフォーマンスなヘッドホン出力を搭載しています。品質の高いヘッドホンアンプを内蔵しており、通常のヘッドホンであればしっかり鳴らすことが出来るでしょう。

レトロでありながらモダンなデザイン
HD3はオーディオ性能に着目して設計しただけでなく、見た目の良さについても考慮されています。家具で使われるようなウッドを使い、アルミのアクセントを追加することでモダンでありながらどこな懐かしさも感じるデザインに仕上げました。カラーはサテンブラック、ウォールナット、チェリー、そしてホワイトから選ぶことが出来ます。

小さい、だけどパンチのあるサウンド
HD3は、パワーアンプが内蔵されているので、外部アンプ、レシーバーなど繋ぐ必要がなく、スペースをセーブします。L側のスピーカーに電源ケーブルを接続し、L/Rのスピーカーを互いにスピーカーケーブルで繋ぐだけの簡単な接続です。全ての内部パーツが注意深くチューニングされており、従来のスピーカーとアンプの組み合わせよりも、簡単により高音質にAudioengineサウンドを楽しむことが出来ます。

特徴

  • アナログパワーアンプ内蔵でより良いサウンド体験
  • 高音質Bluetooth aptX HD対応、簡単な設定で最大24bitの高音質伝送が可能
  • USBオーディオ
  • サブウーファー接続が可能
  • ハイパフォーマンス・ヘッドホンジャック
  • オーバーヒート保護設計
  • カスタマイズドされたケブラー製ウーファーとシルクツイーター
  • 取外し可能なマグネット式フロントグリル

適合性

  • Mac, PC, タブレット、スマートフォン
  • 全てのオペレーティング・システム(Windows, MacOS, Linux, iOS, Android)
  • 全てのオーディオ再生アプリ・ストリーミングサービス(iTunes, Youtube, Spotify, Apple Music etc)
  • Bluetooth, ミニジャック、RCA出力端子、USBオーディオ機能のある全て製品

内容物

  • HD3 パワードスピーカー(L)
  • HD3 パワードスピーカー(R)
  • スピーカーケーブル(16AWG), 2m
  • 電源ケーブル
  • 電源アダプタ
  • USBケーブル, 1.5m
  • ミニジャックオーディオケーブル, 1.5m
  • マイクロファイバー製スピーカー用バッグ
  • マイクロファイバー製ケーブル用バッグ
  • マイクロファイバー製電源用バッグ
  • クイックスタートガイド

カラー

  • サテン・ブラックペイント
  • チェリーウッド
  • ウォールナット
  • グロスホワイト

ABOUT BLUETOOTH AND APTX HD

  • Audioengineの全てのBluetooth製品はBluetooth機能を持つ全てのデバイスに簡単に接続が可能です。もしお使いのデバイスがaptX HDに対応していれば、より高音質で音楽を楽しむことが出来ます。aptx HDの詳細はhttps://www.aptx.com/ja/aptx-hd
  • aptX HD機能を持つスマートフォン、タブレット、あるいはコンピュータをお探しでしたら、下記よりご確認いただけます。https://www.aptx.com/ja/products?field_aptx_type_tid=483https://www.aptx.com/ja/products?field_aptx_type_tid=483
  • iPadやiPhoneは残念がらaptX HDに対応していませんが、失望することはありません。もしあなたが、MacOSユーザーならはMacOS製品からであればaptX HDに対応しています。iPhone, iPadはAACコーデックを使用しており、AACのサウンドクオリティも大変良いものです。AACを使用の場合でも、24bit DACのアップサンプリング機能には対応しています。そのため、Bluetooth機能のあるiOSデバイスを使用されていても高音質で音楽を楽しんでいただけます。

仕様

タイプ 2.0パワーアンプ内蔵マルチメディア・スピーカーシステム
アンプタイプ デュアル・アナログクラスABモノリシック
出力 最大出力トータル60W(15W RMS / 30W 1チャネル最大出力), AES
ドライバー 2.75inch ケブラー製ウーファー、3/4inch シルクドーム・ツイーター
入力 3.5mmステレオミニジャック、ステレオRCA, USB, Bluetooth
出力 RCAラインアウト、3.5mmヘッドホン出力
入力ボルテージ 115-240V 50/60Hzオートスイッチ
SNR >95dB(type A-weighted)
THD+N < 0.05%
クロストーク -50dB
再生周波数帯域 65Hz-22kHz (±1.5dB)
再生周波数帯域(バスリダクション・スイッチON時) 100Hz-22kHz (±2.0dB)
入力インピーダンス 5K Ω

ヘッドホンアンプ仕様

アンプタイプ OPA2134
ヘッドホン出力 2.0V RMS
出力インピーダンス 2 Ohms
推奨ヘッドホンインピーダンス 10 Ohms ~ 10K ohms

ブルートゥース仕様

DAC PCM 5102
入力ビット深度 最大24bit(アップサンプリング)
レシーバータイプ Bluetooth 4.0オーディオ
対応コーデック aptX HD, aptX, AAC, SBC
使用範囲 最大30m(環境により異なる場合があります)

USB仕様

コネクタータイプ Micro USB
USBデバイスクラス USB1.1以上
内蔵DAC PCM5102
入力ビット深度 最大24bit(アップサンプリング)
入力データレート 44.1KHz/48kHz
プロテクション 出力電流のリミット設定、

重量及びサイズ

サイズ LR:18cm(H) x 11cm(W) x 14cm(D)
重量(L側スピーカー) 1.8kg
重量(R側スピーカー) 1.5kg

素材

18mm厚MDFキャビネットとウッドベニア
2.75inch アドバンスド・ボイスコイル使用のケブラー製ウーファー
3/4inch ネオジム製マグネット使用のシルクドームツイーター

消費電力

待機時:10W
ミュート時:6W
スリープ時:4W

環境条件

動作温度 0℃ ~ 35℃
非動作時温度-20℃ ~ 45℃
相対湿度 5% ~ 95%(非結露)

同梱アクセサリー

リモートコントローラー
スピーカーケーブル(16AWG), 3.75m
電源ケーブル
ミニジャックオーディオケーブル, 2m
RCA - RCAケーブル, 2m
マイクロファイバー製スピーカー用バッグ
マイクロファイバー製ケーブル用バッグ
クイックスタートガイド

特別設計

Audioengineは使用するツイーター、ウーファー、また他の重要なコンポーネントは自らデザイン及び製造しています。すなわち、有りものをただボックスに詰め込むのではなく、Audioengineの仕様に合うものを特別設計しています。デザインのみ行い、自ら製造していないものは、例えば変圧器、磁石、ワイヤーハーネスのみです。キャビネット、ドライバー、トランス、クロスオーバーなどはAudioengineのそれぞれのモデルに対して細心の注意を払って設計を行っています。

効率的で先進的な設計

キャビネット、ドライバー、革新的な低域用ポートデザイン、アンプ、クロスオーバーなど、各モデルに応じてチューニングを行っています。これにより、パッシブスピーカーとセパレート型のアンプの組み合わせよりも少ないパワーで済む、非常に効率的なシステムになっています。全てのコンポーネントを側のキャビネットに搭載し、スマートフォンを始めとするデバイスに簡単に接続できる様にデザインしています。

高品質なBluetoothオーディオ

HD3は、高音質を楽しめる先進のaptX HDコーデックに対応しています。お使いのスマートフォンやタブレットがaptX HDに対応していない場合でも、AACやSBCにコーデックを使用しますのでご安心下さい。だからどんなBluetoothデバイスでも音楽を簡単に楽しむことが出来ます。aptX HDが高音質で音楽楽しめる理由は次から確認して下さい。 より広範囲の使用範囲:通常のBluetoothは、限定された狭い範囲でのみ動作しますが、回路構成やアンテナチューニングにより、通常のBluetoothに比べて約3倍の使用範囲を実現しています。だから音質の劣化がありません。 24bit DAC:HD3のレシーバーとUSB入力には低ノイズと高音質で有名なPCM5102DACを使用しています。PCM1502は、ノイズや歪みを抑えながらも24bitへアップサンプリングします。これにより音質が顕著な違いとなって現れるのです。

ヘッドホンアンプ

HD3には、低ノイズのオペアンプOPA2134をベースとしたハイパフォーマンス・ヘッドホンアンプを搭載しています。このアンプは低インピーダンスで歪みの少ない高性能アンプです。また2V出力でたいていのヘッドホンを駆動することが出来ます。

アンプのデザイン

Audioengineのスピーカーで使用されているアンプはL側のスピーカーに内蔵されており、非常に評価の高いアナログ部の設計を施しています。それぞれのモデルにおいて全てのコンポーネントが注意深くチューニングされています。パワー及びプリアンプ部の基板は振動から保護するよう設計されています。

ドライバー

Audioengineはトップクオリティのネオジム・マグネットを使用したシルクドーム・ツイーターを搭載しています。シルクツイーターは高出力時でも安定性が高く、非常にスムースなレスポンスが特徴のツイーターです。ウーファーはガラス・アラミドコンポジットが編み込まれたケブラー製で外周はラバーで覆われています。ケブラー繊維は言うまでもなく、非常の強靭な素材で、これにより、高いレベルで動作させた場合でもウーファーがその形状をしっかり維持することが可能です。

家具で使われるレベルの高い仕上げ

HD3のキャビネットは複数の素晴らしい仕上げから選ぶことが出来ます。ウォールナット、チェリー、サテンブラックペイントです。部屋のインテリアとの調和がよく、統一感を損ないません。また、付属のグリルはインテリアにマッチするよう使用してもしなくても良い設計をしてあります。

シールド

HD3スピーカーのドライバーはマグネット・シールドされています。